PatisserieTopImage

Blogオーナーブログ

何を想い働くのか?

2018.02.24

なぜ

この業界で働くのだろうか?

進路を決める際に

手に職をつけた方がいいと言われ

お菓子業界に来たのか?

サラリーマンが嫌で来たのか?

なんとなしお菓子作りおしゃれやと思ったのか?

そこをしっかりとクリアにしてほしいと思う

先程も話したように

社会人になれば、日々が学びだ

学生の頃のように止まることはない

常に時は動き続け

動き続けた中でいろんなことを考え

行動していかなければならない

時間は戻ることはない

そして一瞬一瞬 その瞬間が一番若く

だんだんと

年老いていく

その仕事に時間を費やす事に

後悔しないか?

たのしんで費やす事ができるか?

そんなことを考えてほしい

仕事って楽しんでするものだと考えます

遊びが仕事で

仕事が遊びだという認識

好きじゃないと続かない

これは断言しよう

好きじゃないと

愚痴がでる。

好きであると

その費やしては時間は

当の本人にとっては当たり前であり

有意義な時間となる

それは

夢中になっているような感じ

夢中とは

夢の中と書くが

夢の中だからなんでもできる

なんでも叶う

そして時間も忘れるぐらい

没頭できる

夢の中に時間はない

ただ楽しい空間だけが存在するのだ

必ず

面接の時は

こう言った事をお話ししてます

じゃないと

すぐやめちゃうから

先生や大人達に流されて

なんとなく就職する子が多いので

お菓子の学校に行ったから言って

お菓子の世界で働く必要は無いと思う

人生はいろんな事ができる

一つではない

もう一度

自分の本当の気持ちに気付いてほしいと思う

これが

僕が思う

本当の働き方改革であり

いま

世の中は我慢で働いている人が

蔓延していると感じている

少しでも

有意義に自分の好きを追求できる人が

増えるようにと思います

これからの未来は

好きを仕事にする

自分にしかできない事を仕事にする人が

求められる

そんな時代になると思います